彫金作家であり主婦でもある'しるばぁ’のひとりごとを日々綴っていきます。
テーマはハンドメイド、エコ、子育て、食などなど、、、

'しるばぁ’という名前はいずれふさわしい年齢になったら'志る婆’に改名したいと思っております。エッ!もうふさわしいだろうって(xx);
布ぞうり
JUGEMテーマ:社会貢献

長らく沈黙を守っていましたが、再び書くことができるようになりました。
夏ごろからPCの調子が悪くてだましだまし使っていたのですが、とうとうキーボードの両側から蝕まれてきてキーをたたいても特定のキーが反応しなくなってしまいショボン仮住まいのネット環境も悪いしで、ipadや携帯を駆使して何とかやっていましたがストレスが限界に。
そんなこんなで 早めのバースディプレゼントということで、夫がノートPCを買ってきてくれました。
しばらくは仮免状態でしたが何とか最低限の作業はできるようになりました。

で、お休みしていた間に例の布ぞうりですが、少しずつ輪が広がってきました。
布ぞうり作家の方が支援している老人施設は 震災後、泥掻きなどでかなり良くなっていたのに再び台風で被害を受けて一部建て替えすることになってしまったそうです。
チャーボーのブログにカラフルな画像がありますので見てください。

PCのデーター整理と移動がまだ途中なのでどんどん書くことはできませんが、新PCに早く慣れて少しずつ書きたいと思っています。
| しるばぁ | 社会貢献 | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
靴の行き先
JUGEMテーマ:社会貢献
 この写真、昨年の9月、スマイルアフリカプロジェクトに送ったものです

スマイルアフリカ

一昨日、突然 スマイルアフリカプロジェクト事務局からお手紙が来て、 
『集めた靴の一部を東北の被災地に送りました。 ついては、この活動に賛同できない方には
同時に収めていただいた寄付を返金します』と書かれていました。

被災地で靴が足りないとは聞いていたので 靴の転送には反対ではないけれど、事後承諾のようで
なんだかあまりよくない気分。
一応、配布している方のブログ(バイオディーゼルアドネンチャー山田周生氏)を見てみてビックリ!
現地ではこんなことになっていたんだと反省しました。
事後承諾も仕方ないほどの緊急性があったということです。

もしかして被災地の方たちのお役に立っているかもしれない私の靴。
配布された靴を持って写真に写っている子供たちの笑顔にホロッ
アフリカでも岩手でもいいじゃん! 誰かの役に立ってくれているならね
| しるばぁ | 社会貢献 | 04:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
チャリティ子供ワークショップと地震の爪あと
JUGEMテーマ:日記・一般
 浦安は正式に被災地認定されて、計画停電からはずされました。
まだまだ 復興していない地域もあり申し訳ないようです。
水汲みの後は イベントぎっしりで時間に追われる日常から本日やっと開放されました。

昨日の地元のお子さん向けのワークショップですが 1日で二コマをこなし、よれよれになって終わりました。

こどもワークショップ

子供たちは 3月11日以来学校は簡単な卒業式や終了式だけでずーっと家庭ですごしています。
祖父母宅や親類に非難しているお宅もいらっしゃいますが、避難できない方が大半です。 
我が家のような大人だけの家庭でも大変だったのに、小さいお子さんを抱えての被災地生活はとても困難だと思います。
子供たちはそれでも元気で 小さい子はシルクコードで大きいビーズ遣いのブレス、大きい子はカラーワイヤーにグラスビーズのブレスを とても上手に作っていました。
地震の時の話や今の生活をたくさんお話ししてくれたし、おやつをいっぱい食べて、TVでアニメを見て、お母さん方が迎えに来てもなかなか帰ろうとしませんでした。

うれしいやら困ったやらでしたが、ご近所の方と話しているうちに 驚いたことがあります。
浦安に転居してきて 私はすぐに教習所に通って 車の免許を取りました。
そのとき、初めての土地で教習所仲間が出来て 一番年下だった私は皆さんにとても親切にしていただき、子供が生まれてからもいろいろお世話になりました。 ベテランのお母さん方から見たら危なっかしかったんでしょうね。
そのころ小学生だったその方たちのお子さんたちが地元に住んでいて、今はお母さんになり、そのお子さんたちがワークショップに参加して下さっていたんです。
人との繋がりは 知らぬ間に私の財産になっていることを強く感じました。 なんだか恩返しが出来たような気がしています。
千葉都民のような感覚で暮らしていましたが、やはり何かの時はご近所が頼りになります。
昨日はここで暮らし始めたころを思い出し、暖かい気持ちにつつまれました。地元を大切にしたいと思えた1日でした。

さて 被災の状況 第2だんです。
新浦安駅前のエレベーター前が、、、陥没、
浦安地震被害

舞浜駅北側の歩道橋。 継ぎ目が両方から押されひん曲がっています。
浦安地震被害

翌日の再開を待つイクスピアリ
浦安地震被害

休業中のTDLサービスセンター
浦安地震被害

みみ帽子のいなくなったガラーンとした舞浜駅
浦安地震被害

TDLやピアリは地盤改良がしっかりできているので何でもありません。
駐車場や駅ロータリーだけが被害を受けているので いつでも再開できるのですが 計画停電が邪魔してるんですね。

ピアリが再開しただけで舞浜駅前は随分活気を取り戻しました。
もうこんな寂しい風景は これからは無いとおもいます。

土砂で半分が埋まった我が家の庭もアンズの花が咲き始めました。
ムスカリ、スイセン、クリスマスローズもどんどん咲き始めました。
あんず

この抜けるような青空に希望を託します。
この空は東北にもつながっているんですよね。
思わず青空に向かって祈ってしまいました。
| しるばぁ | 社会貢献 | 10:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
被災した子供たちに絵本を そして チャリティ展示会売上のご報告
JUGEMテーマ:育児
 昨日の夕刊に 末盛千枝子さんが子供たちの心を癒そうと 絵本を集める活動を始められたとの記事が出ていました。

末盛先生は昨年東京から生育地である岩手に移住されましたが、こんなに先生にはぴったりのお役目が待っていたのですね。
子供が大人の膝にのせて貰い絵本を読んでもらうと穏やかな気持ちを取り戻せるという事例があるそうです。
明日は私も近所の子供たちのためのワークショップが2コマあるのでそれが済んだら家にある絵本を送らせて貰うつもりです。

絵本の送り先 、連絡先

020-0013     岩手県 盛岡市 愛宕町14-1

  盛岡市中央公民館 「絵本プロジェクト」 

 TEL 019-654-5366

末盛千枝子さんの著書
末盛千枝子
あまり汚れた本や怖いお話はやめましょう。 本の整理の為ではありません。 子供の心の栄養ですから、自分の好きな本や楽しいお話にしましょう。


昨日までの合同展示会でも3名の売上から4万円弱を赤十字に寄付することが出来ました。
思ったより義援金が集まってちょっとびっくりしました。 

皆さん 家を震災で損傷したり 不自由な生活をしている地元の方々なのに 協力してくださって、 私のジュエリーを 「きれい!」 「かわいい!」 と言って購入してくださいました。 とてもありがたかったです。
お買い上げくださった皆様 ありがとうございました!
 
| しるばぁ | 社会貢献 | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
無事と チャリティー展示会のお知らせ
JUGEMテーマ:写真
 皆さん ご心配かけました。
最近 TVで 浦安市の被災状況を流すので 次々と電話やメールが。
ご心配そしてお気遣いありがとうございます。
幸い、私の住む地域は 液状化して、水が10日間でませんでしたが、
庭の散水用水道が何とか出ていたので給水所通いはまぬがれましたし、今は上下水道開通してフツーの
生活に戻っています。

実は 震災前から 企画されていた合同展示会ですが、予定通り開催されることとなりました。
ついては売上から義援金として寄付させていただくことに。


舞浜 Fashion Art & Craftwork 展

2011  3/26 (土 )   12:00~18:00
             27 (日)   11:00~18:00
             28 (月)   11:00~16:00  

私自身も被災し、作品展どころではない方がほとんどとは思いますが、
楽しいものきれいなものをご覧になって少しでも心穏やかになっていただければと、願っています。
会期中は 毎日13時から16時まで在廊しております。

この展示会がおわりましたら、地元のお子様たちに一時でも楽しく過ごしてもらおうと、講習費無料、
材料費100円の アクセサリー作りワークショップを催したいと思っています。
浦安市内の小中学校は  11日以来再開されず 今週、簡単な卒業式や終了式を 済ませ、再開のめどは立っておりません。
親戚や実家に身を寄せることも出来ず 不自由な生活を強いられている方たちの 息抜きに
少しでもお役に立てればと思っています。


さて 地震の話に戻りまして   

私は地下鉄の中で地震にあい、 豊洲から3時間半歩いて帰ってきました。
揺れがおさまるとすぐに地上に出されました。
何かあると京葉線は止まってしまうので、歩いていくことを覚悟しました。
まず、コンビにで水とソイジョイ、携行食料を買って歩き出しました。
途中、雨まで降り出してきました。 幸いなことに辰巳の公園のところでコンビニを見つけカッパを買いました。
家に帰りたい一心でひたすら歩き続けましたが 新木場から葛西へ渡る荒川河口橋を渡っている時 浦安方面にものすごい火柱が燃えさかってっているのが見えました。
一瞬 浦安市内が燃えているのかと思いましたが 蘇我にいる次男から電話が入り、市原のコスモが火事とのこと。こんなに近く見えるほどひどい火事?とこわくなりました。

何とか頑張って 歩き続け 舞浜大橋を渡り終わって さらにこわくなりました。
液状化でボコボコ、ドロドロ あちこち 地割れしています。
次男とは電話が通じるので 彼は連絡係のような感じに。
末っ子も新習志野から自転車で帰宅していることが判り、7時すぎに家にたどり着きました。
庭が液状化して 水が出ない。 被害はそのくらいで 家族全員無事を確認しました。

以下、 市内の被害の状況です。
震災

震災

震災

震災

長男が撮った東京タワー 
震災
揺られすぎて曲がってしまったそうです。
| しるばぁ | 社会貢献 | 10:55 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
少しだけ人の役に立つこと
JUGEMテーマ:日記・一般

スマイルアフリカプロジェクトって ご存知でしょうか。
まだまだ使える子供の靴を アフリカに送って、 裸足で暮す子供たちの健康を守ろう という活動です。
25センチまで引き受けてくれるので 痛んでいないけれどあまり履いていない 私の23センチの靴を送ることにしました。

きれいに洗って 出番を待つ靴たち
スマイルアフリカ

ただ 要らない靴があるからおくっちゃおうという考えでは ちょっと当てが外れます。
いろいろな経費や靴洗いなど エネルギーもお金も必要になることを覚悟して 参加されるといいのでは。
 
| しるばぁ | 社会貢献 | 11:07 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ほっとけない子供達
ホワイトバンドを 皆さんはご存知ですよね。
テレビで 次々にに有名人のショットが出て「ほっとけない 貧しさ」と(たぶん)
言っている告知CMです。

夏の頃 若い人のサイトで知り、私も ミーハーなのでさっそく買いました。

きょこぷんさんのブログ鉛筆で取り上げていて 忘れかけていたのですが 再び 考える機会を
得ました。

先日、長男に「コレって 子供達の為に使われて無いらしいよ。困惑
イカリングとか呼んでるんだ。」といわれ、ちょっと 痛かったです撃沈

確かに、売上金は 広報活動に使われていて 直接 子供達の為には使われていないとは
聞いていました。こういう事を知ってもらうことも大切かと思い、トートバッグにリボンで
結び付けていました。

それも、義母の病院に 駆けつける途中 電車の中でなくし、リボンだけが むなしく失恋 
ひらひらしていました。私の 中途半端な気持ちを 表すように。。。

息子に言われたことが 妙に引っ掛かっていて 私の中で 少々重荷になっていたものですから 
なくしてほっとしたというのが正直なところです。
きょこぷんさんのように ひっそりとしまいこむことも 出来なかった私です。

ただ 子供子供を育てたことのある人なら 食事を食べられない子供達たちを ほっとけない気持ちには 共感してしまうでしょう。子供を死なせずに 元気に育てることの 大切さが 身にしみていますから。

たかが 300円ですが、若い人と 私達では その重さが 違ってくると思います。
ホワイトバンドの プロジェクトを 主催している方々は もう少し 資金の使い道などを わかり易く公開する 必要もあるかな と思います。この辺の事が もう少し 明らかになっていたなら おばちゃんたち(苦笑)を 悩ませることも減るのでは?

JHP学校を作る会のように 使途が はっきりしていて「出来ることを出来る人が」ってのが 
私には あってるかなーチョキと思いましたニコニコ

| しるばぁ | 社会貢献 | 15:40 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
今、私たちにできること 〜社会貢献(照れ臭い^o~;)〜
 日経新聞で 働く女性のために「NIKKEI丸の内キャリア塾」というのがあります。 セミナーというかたちでイベントを時々やっています。
 興味のあるテーマのときは 申し込むのですが、人気のあるものは 抽選になってしまって 当ったためしがありません。しょんぼり 

 今月の終わりに「今私たちにできること〜今日から始める社会貢献〜」というのがあり、申し込んだのですが、これまたはずれました。悲しい

 ちょっと前の話ですが、今年の6月に熱海で「JHP学校を作る会」のイベントに お誘いを受けて行って来ました。

 小山内美江子さんのお話を聞いて、すっかりその人物の大きさに 惹きこまれてしまいました。
 「その人ができることからやりましょう」というのが会の趣旨で、強制的でないところも気に入りました。その前から 社会貢献的なことに興味が無くは無かったのですが、自分が参加するのはちょっと、、という感じでした。

 ところが、チャリティの品物をかうことも 参加することのひとつと知ってほっとしました。無理なくできるのって いいですよねーおてんき

 そんなわけでNIKKEIのイベントにはずれて ちょっと いや かなりガッカリ悲しい

 JHPでは ピアニカをカンボジアに送っています。家にも1台見つかったので 送ろうと思っています。 内戦の後 ピアニカが初の音楽の授業で 教え方を教えなければならなかったと聞き とても驚きました。 何でもある日本の子供達が幸せ と言い切れないことが 残念です。

 熱海での 小山内美江子さんとの出会いは 私の一生の宝と言えるものです。 イベントに誘ってくださった Kさんに感謝です。 
 JHPのHP一度を覗いてみてください。  

 
| しるばぁ | 社会貢献 | 21:22 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ