彫金作家であり主婦でもある'しるばぁ’のひとりごとを日々綴っていきます。
テーマはハンドメイド、エコ、子育て、食などなど、、、

'しるばぁ’という名前はいずれふさわしい年齢になったら'志る婆’に改名したいと思っております。エッ!もうふさわしいだろうって(xx);
本屋大賞2016
JUGEMテーマ:自分が読んだ本

親戚の女の子が高校進学をしました。
本をプレゼントしようと、今まで読んだ中でそのお年頃の女子に向いた本をと考えました。
宮下奈都の「よろこびの歌」が思い出され、この作者の本を読み返してみました。
「よろこびの歌」「終わらない歌」そして「スコーレNo.4」と3冊読破。
大学生のおねえちゃんもいることだし、よし!この3冊だ!と決めました。
宮下奈都

宮下奈都

宮下奈都

そして最新作の「羊と鋼の森」はまだ読んでいなかった。
気になって次は読んでみようと思っていたところ、何と!
本屋大賞じゃないですか!
大慌てで、品切れにならないうちにとプレゼント用のほうは、アマゾンに注文!
まだ2冊しか届かない。
24日に、横浜の実家関係の親戚の集まりがあるので、何としてもその日に間に合わせたい。

宮下奈都さん、若い女子の気持ちを描かせたら超一級。
音楽を通して揺れ動く心、挫折や希望を表現するんですね。
彼女は何か楽器をやっていたんでしょうか。
歌が好きなのかな〜♪

結構、私が読んだ本って、話題になったり受賞したりってことが多いんですよ。
上橋菜穂子さんは、国際的な児童文学の賞(賞の名前は忘れました~_~;)をとりました。
そして、つい最近「守り人シリーズ」は、NHKで実写ドラマ化されてます。

綾瀬はるかが主人公を演じてますが、私はもうちょっと年上で骨太な女優さんをイメージしてました。
でも、彼女の演技力は大したものです。ここまで演じられるとは思ってもみなかった。
やっぱり、大河ドラマで八重を演じて相当きたえられたのでしょうね。

それから、中島京子さんの「小さいおうち」
黒木華さん主演で映画化されましたよね。
私は絵本の「ちいさいおうち」が大好きで、同じ題名だったので、読んでみたんです。
そうしたら、やっぱり絵本が土台になる本でした。
みんな絵本「ちいさいおうち」が好きなんですね。


まあ、おもしろい本は大勢の人が読むし、映像関係の人も目をつけるんでしょうね。
私が、以前から映像化したら面白いと思っているのは、山本文緒の「なぎさ」です。
横須賀の久里浜周辺を舞台にして、夫婦、姉妹、親子、会社、ご近所などの人間関係を描いています。
ストーリー展開にそって、人それぞれの生き方、価値観が少しづつ現れてくる。
久里浜や横浜、横須賀が舞台で、なじみがあるので、映像として浮かんできちゃうからでしょうか。
山本文緒
映像関係者の方がこのブログを読んでいたら(てなわけ無いか)ぜひドラマ化してください。
 
| しるばぁ | 読書 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
最近読んだ本
JUGEMテーマ:自分が読んだ本
忙しくしている毎日ですが、夜は本を読む生活です。

「ハウスワイフ2.0」
本
アメリカで流行っている新しい形の主婦、
で、2.0なのだそうです。
とにかくいろいろな実例が次々と書かれていてしつこい!
なかなか結論に行かない。
高学歴で高所得の既婚女性が仕事に追われる生活にうんざり。
極端な手作り生活にシフト、だからハウスワイフ2.0.
何かうさんくさい感じ。
作者がそんな生き方に賛成なのかどうかも曖昧なまま進んで行って、
もーっ、イライラする!
結局、最後の方の数ページを読めば言いたい事がスッカリ判りました。
自分が調査した事を余さず披露しなければ、読者に通じないと思ってるんでしょうか。
結論部分がまあまあの出来なのにね。
内容について書く気がしなくなっちゃった。
結局、本としては体をなしてないってことでしょう。
新聞や雑誌のコラム程度で済んじゃうってこと?
それに全然新しくない生き方なの。
それ、とっくにやっている人いっぱいいるっしょ。


「刑務所なう」
ご存知、ホリエモンの獄中記。
図書館の予約十数人待ちだったかな?
今は「刑務所わず」の29人待ちです。
買って読むほどのモノじゃないってことでしょ。
刑務所なう
中に居ると、彼でさえ食事とテレビが楽しみになっちゃうらしい。
毎日の献立が中心に書かれていて、ほとんどが毎日の事実の羅列。
ところどころ、思う事や自説が書かれている。
やっぱりこの人は頭がいいなぁと感じた。
ほほえましく思う事もあったけど、やっぱり別世界の人間。
「刑務所わず」を読んでから、一括で感想を。


「歓びの歌」
本
終わらない歌」
本
宮下奈都の青春小説2部作
女子高生それぞれが抱える人には見せない悩みや事情。
歌を通して心を通わせる若い彼女たちがいとおしい。
読み終わって、しみじみとしてしまう作品でした。


「セントジェームス病院」
本
久間十義
この作家、昨年、日経のコラムを書いていました。
作家なのにひどくつまらねいエッセイだった。
その後に始まった医療系連載小説が以外に面白い。
そのギャップが不思議で、他の作品も読んでみたくなっちゃった。
これは、一人の研修医を通して病院のドタバタを描いています。
基本、この作者は良識の人だなと感じました。
本当の悪人が出てこないところがちょっと物足りなかったかなー。
架空の事は上手に書くのに、自分の事はダメなのね。
| しるばぁ | 読書 | 11:17 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
最近読んだ本
JUGEMテーマ:自分が読んだ本
今夏のジブリ映画は「思い出のマーニー」だそうです。
好きな本
春に読んだばかりなので、ちょっとビックリ。
親子、友人、世間などの関係性や信頼など、
いろいろと考えさせられる大人が読んでも良いレベルの作品だと。

おまけに、村岡花子訳の「秘密の花園」も読み返したところで、
国営放送の朝の連ドラが彼女の一代記に。
本
なに!なに!なに!
何でこんなにシンクロしてるの?
村岡花子さん、東洋英和女学院出のお嬢様だとずーっと思っていたら、
まるっきり「赤毛のアン」じゃん!
貧しい家の出だけれど、愛情いっぱいの豊かな心の持ち主。
設定は、実際とはだいぶ変えてあるみたいだけど、
基本は変わって無いでしょう。
村岡訳の外国モノで育っている世代です。
毎日、同じ時間に見ることはできないので、録画してまとめて観てます。

私は子供向けの読み物が大好き。
子供たちに「ぐりとぐら」を読んであげた時に、
「私の子供のころにもこんな絵本があったらなー」
と、自分の子供たちをうらやましいと思ったくらい。
はまりにはまって、4人の子供には惜しげなく、読み聞かせてやりました。
小学校でも読み聞かせサークルをたちあげたりしましたが、
末っ子が卒業してそれは終わり。
でも、読み続けているし、姪や甥に本を贈ったりもしてるんです。

子供向けの本はけっこう侮れない内容が多いいんですよ。
ルグウィンの「ゲド戦記」はかなり哲学的で、ジブリがどう映像化するか心配だったくらい。
同じくルグウィンの「パワー」3部作は、私の宝物。
好きな本好きな本
これは全3巻、手元にあって、「ゲド戦記」より大事にしてます。

子供の本ばかりではありません。
最近読んだのは「作家の決断」。
本
題名からイメージしたのは、劇的な決断場面。
ところが、日芸文芸学科の学生が演習の為、
いろいろな作家にインタビューをしたものでした。
内容は悪くないけれど、ちょっと題名がエキセントリックすぎる感じ。
「インタビュー集」では売れないものね。

小説では山本文緒の久々の長編「なぎさ」
好きな本
うつ病を克服して、こんなにいい作品が書けるようになったんだなーと、うれしくなりました。
作品の舞台が久里浜や横浜なので、情景まで浮かんできました。
ドラマにしたらこんな俳優がいいと、自分で配役まで考えちゃいました。
山本ファンでも、そうでなくても、ぜひ読んでほしい作品です。


宮部みゆきの「杉村三郎シリーズ」、3作目の「ペテロの葬列」、
好きな本好きな本
図書館で、284人待ちの248番目です。
テレビで始まる前に読みたかったのに、来週からスタートなので、ちょっとムリ!
小泉コータロー主演の[名もなき毒」を見てから、初めて宮部みゆ作品を読んでみたいと。
今では、宮部作品、結構はまってます。

「ペテロの・・」が順番が回ってきそうにないし、「作家の決断」を読み終えてしまったので、
とりあえず「ソロモンの偽証」を読み始めました。
好きな本
こちらは順番待ち無しでゲットできました。

数点予約を入れているんですが、
三浦しをんの「まほろ駅前狂想曲」はだいぶ進んで、65人待ち、21番目。
好きな本
村上春樹「色彩の無い・・」は169人待ち、114番目。
好きな本
同じく「女のいない男たち」は文藝春秋に連載されていたのを読んでしまった。
短編が数点入ってます。
いい出来のも、そうでないのもあります。
私は村上作品によく登場する体育会系だが、わけありの無口な女性が好き。
まっすぐで、ひと付き合いに不器用、純愛を大事にするタイプ。
この中にも、出てきます。
好きな本

もう、我が家には、本をしまっておくスペースが無い!
これからも図書館のお世話になると思います。
予約を入れておけば、必ず順番は廻ってきます。
予約しなければ何時までも読めませんからね。
| しるばぁ | 読書 | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 春のマイガーデン2017年4月−5とホビーショー2017
    しるばぁ (04/28)
  • 春のマイガーデン2017年4月−4
    しるばぁ (04/28)
  • 春のマイガーデン2017年4月−5とホビーショー2017
    suzu (04/26)
  • 春のマイガーデン2017年4月−4
    suzu (04/26)
  • 春のマイガーデン2017年4月−3
    しるばぁ (04/25)
  • 春のマイガーデン2017年4月−3
    suzu (04/21)
  • 今月の彫金作品2017年4月 と 晴れ間の庭
    しるばぁ (04/12)
  • 今月の彫金作品2017年4月 と 晴れ間の庭
    suzu (04/10)
  • 春のマイガーデン2017年4月−2
    しるばぁ (04/09)
  • 春のマイガーデン2017年4月−2
    suzu (04/07)
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ