彫金作家であり主婦でもある'しるばぁ’のひとりごとを日々綴っていきます。
テーマはハンドメイド、エコ、子育て、食などなど、、、

'しるばぁ’という名前はいずれふさわしい年齢になったら'志る婆’に改名したいと思っております。エッ!もうふさわしいだろうって(xx);
<< 花粉症で困ること | main | おうちでおしごと >>
義務教育卒業で思うこと
3月10日 末っ子の 中学の卒業式でした。
 
「義務教育が すっかり終わって 肩の荷が 下りたでしょう。」と
お友達の お母さんに言われました。

さてさて とってもそういう気持ちには なれなかったので 
「そうですね、、、」と あいまいな返事を してしまいました。

だって 「これからが 大変なのに〜」と いうのが 本音なんですもの。
3年間 高校を やめずに ダブらず 卒業させることが どんなものか
上の3人で 経験したからです。
 
高校生になったら 親は手綱を緩めなくては ならないので、 
もう 一人の大人として 扱いながらも、ここからは 親としては 
譲れないということを 解らせるのは とても 大変でした。

小さい時は ほめるときはほめ 叱る時は叱る というのが 通用するけど、
もう そうはいかないので 苦労するのです。

こんなに苦労して がんばってきても なかなか 子供には 伝わらなくて
先日も 上の子に 「小さい時 全然 ほめてもらえなかった」と 言われ、
夫と二人 おおいに へこみました。

でも 次のことを 忘れずに これからやっていこうと 決意しました。
* 子供に 傷つけられることを 言われても 親としての誇りを失わない。
* 子供の わがままに あきらめず 根気強く 接していく。
* ユーモアと おいしいごはん。

こんなことを書くと 苦労ばかりのようですが 大人になった息子と
話すのも 楽しいものです。
でも やっぱり それは 大変な時期を 通ってきたから 言えるのかな(笑)



| しるばぁ | 子育て | 12:04 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
子育ての先輩のお母さんの言葉、しっかり受け止めました。
私は、長男がともかく野球の練習がキツイところを選んで
しまったので、続くかどうか心配です。
もし、途中で挫折してしまったら、抜け殻になってしまうんじゃないかしらとか。
本人は絶対に頑張るからって不安をかかえつつも張り切って
いるので、「お母さんは弁当作りと、洗濯でバックアップするからね。」って言ってます。
| hinodeminami | 2006/03/14 5:41 PM |
hinodeminamiさん コメントありがとうございます。
あとで 書かなければ良かったかなーっと。
だって 説教臭いし ブログには 固いかしらとか、、

息子さん 野球をなさっているんですね。
長男の 少年野球仲間は 甲子園に出たんですよ PLと当って1回戦敗退だったんですが 皆で 壮行会をしたりして応援しました。なつかしー!

一つの事に 一生懸命って いいじゃないですか。
うちなんか 末っ子で おっとりと 欲が無いんです。
どうなることやら ヤレヤレ

とにかく 何があっても 親は子供を 信じ、見守りつづけるってことですよ。


| しるばぁ | 2006/03/15 9:55 AM |
hinodeminamiさんへ追伸
家族って イザと言う時 無償の愛をくれる人って ことばを
今読んでいる本の中に 発見しました。
子供たちに こういう風に 思ってもらえる親に なりたいです。
| しるばぁ | 2006/03/15 12:07 PM |









http://blog.ginnnoyume.fem.jp/trackback/283293
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ